NewEntry

Category

Archives

Profile

Link


Log in
qrcode

ライブスケジュール 2016年6月22日(水)エルフラメンコライブ

新宿伊勢丹会館『エル フラメンコ』
Tel:03-3356-3816

ジャマキートフラメンコ
開場18:00 開演19:00

チケットお問い合わせ:ラ ティエラフラメンカ
03-5834-7057

2016年7月11日(月) フラメンコライブ

月島スペインクラブ
中央区月島 1-14-7 旭倉庫 1F
1部19:00
2部20:00
3部21:00
1部はギターソロ 2部から踊りが入ります。
お問い合わせ・ご予約は月島スペインクラブ03-3533-5381

2016年7月31日(日)真夏の夜のフラメンコ

日比谷野外音楽堂
千代田区日比谷公園1-5
小松原庸子スペイン舞踊団主催
真夏の夜のフラメンコ2016
開場18:30 開演19:00

お問い合わせ・ご予約はラ ティエラフラメンカ03-5834-7057

2016年8月6日(土) フラメンコライブ

グラン・デセオ
東京都八王子市子安町4−7−1
サザンスカイタワー八王子3F

Open17:30 1部18:30〜 2部20:30〜
入替なし

ご予約 お問い合わせ:グランデセオ TEL&FAX 042-649-6480
ラティエラフラメンカ03-5834-7057(井口)

2016年9月2日(金) 井口裕香里リサイタルVol.4

新宿伊勢丹会館『エル フラメンコ』
新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館6F

井口裕香里フラメンコリサイタルVol.4"Luna y Sol"
開場18:30 開演19:30

チケット先行ご予約は7/1より開始させて頂きます。
お問い合わせ・ご予約はラ ティエラフラメンカ03-5834-7057

2週間健診

昨日、2週間健診に行ってきました。

退院後初の外出でドキドキでしたが、タクシーも健診中も、時間を申し合わせたかのようにぐっすり眠ってくれ、全て無事に終わりました。

久しぶりに戻った病院で助産師さんたちに迎えられると、とてもホッとして肩の力が抜けました。

家族が増えるということは、大きな喜びであるのと同時に、親類関係や実生活環境など、全てにおいて大きく変化するものなんだと、改めて実感している毎日です。
この全てが、これからの私のフラメンコになっていくのでしょうね。。

我が子の体重はバッチリ増量中、、
さらに2週間後の1ヶ月健診が楽しみです。

私の方もそろそろ床上げ、
身体を元に戻したい気持ちは焦らずに、少しずつやっていきたいです。

2018.01.16 Tuesday 19:30 / - / 日記



2週間

今日で我が子は生後2週間になりました。
新米親子の生活、毎日が記念日です。


今日は、お腹の中で1番聴いていたフラメンコの音楽に、大興奮で手足を動かして踊る姿に家族でびっくりしました。笑
私も大好きなアルカンヘルのグアヒーラ、いつか一緒にスペインで聴ける日が来るのを夢見ています。。

2018.01.08 Monday 21:20 / - / 日記



新年

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。


ご報告が遅くなりましたが、クリスマスに無事に第一子を出産致しました。
元気な男の子です。

産まれた直後、
分娩台の私の顔の側に運ばれてきた我が子に声をかけると、泣き止んでハッと目を開いてこちらを見てくれ、その瞬間、お互いに凄く会いたかった、やっと会えた、と胸に通じるものがありました、
忘れられない瞬間です。。

我が子の身体を抱き寄せる度に、お腹の上から触っていた部分が鮮明にリンクして、改めて、本当に私の中にいたんだなぁ、と実感です。

これから、
想像もできないほど、様々なことに一喜一憂しながらの新生活が始まりますが、この子のために、精一杯、真っ直ぐに突き進む背中を見せられる親になっていきたいと思っています。。

今後とも、
親子共々宜しくお願い致します。

2018.01.01 Monday 20:55 / - / 日記



Feliz navidad

Feliz Navidad !
クリスマスおめでとう!

全ての方が、たくさんの幸せで溢れますように。

昨日半日、前駆陣痛で唸っておりましたが、緩やかにひいて、このクリスマスは家でゆっくり過ごせそうなのかな、、です。

もうすぐこの一心同体生活ともお別れと思うとちょっと淋しいですが、産まれてきたら、お腹にいる時には出来なかったこと、まずいっぱいいっぱい抱きしめてあげたいです。

素敵なクリスマスをお過ごし下さい。

2017.12.24 Sunday 22:07 / - / 日記



アルティスタ魂

来週帰国してしまう前に、、
と昨日、アデラとお茶をしに出かけました。

スペイン人のタブラオの仕事というと、本番少し前に入ってさっと着替えてステージに上がってしまう方が多いですが、彼女は早くから楽屋に入って準備していました。
本当に、舞台への熱いポリシーを強く持ったアルティスタです。

出産の話しから舞台の話しまで、あっという間に時間が過ぎました、、
母であり、アンダルーサであり、可愛いらしい一面も持った彼女ですが、どんな話しをしていても、根幹にある、太くて揺るがないアルティスタ魂を感じます。
やっぱり強くて、かっこいい、、です。

別れ際に、
"次に会うときは、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて来るのかしら?!楽しみね、出産の痛みを楽しんでね、産まれた時の感動と達成感は何にも変えられないわ"

痛みを楽しむ、というのがアデラっぽくて、忘れられない言葉になりました。

アルティスタとしても母としても、まだまだ彼女の足元にも及ばない私ですが、私らしく、たくましくなっていきたいな、と勇気をもらいました。
アデラ、ありがとう。

2017.12.16 Saturday 17:20 / - / 日記



決断

11月中、発表会や保育園申し込み準備と同時進行で悩んでいたことがありました。

来年3月5日、ヘレスのフェスティバルで開催される、ガラコンサートへの出演についてです。

連絡を頂いたのは、トリノ国際フラメンココンクール事務局からでした。
私は2015年、イタリア・トリノで行われた国際フラメンココンクールで優勝させて頂いたのですが、今回、その事務局とヘレスのフェスティバル事務局の共同運営で、2015年〜2017年のコンクール受賞者のガラコンサートをフェスティバル中、サラコンパニア劇場にて開催する、というとても素敵な企画でした。

毎年フェスティバルデヘレスには足を運んでいるので、いつもなら二つ返事でOK!なのですが、時期的に出産という人生初の大仕事を前に、どうなるのか、どうしたら良いのか、、出演同意書にサイン出来ない日々が続いていました。

産科の先生方始め、マタニティトレーナーの先生、出産経験のある踊り手の方々にも沢山相談にのって頂き、、
いろんな話を聞いた上で、最終的には自分自身で答えを出さなくてはならない事が良く分かりました。

私が最終的に出した答えは、
今回は渡航・出演しない、
という決断でした。

決め手となったのが、マタニティトレーナーの先生の言葉です。
「この子が大きくなった時、
"あなたのせいで、私は大事な舞台を逃した"
と思ってしまう様なら、踊れるコンディションになかったとしても、行ってしまいなさい!」

この言葉を聞いた時、そんなこと、1ミリも思わない、と、スッと胸が晴れ渡りました。
この子は、私を選んで、私の元にやって来てくれた大事な命。
辛いトレーニングに堪える体力と精神力はもちろん持っているつもりですが、我が子が私を必要としてくれる今というかけがえのない時間は、何にも代えることが出来ない、と感じたからです。

後日、アデラに会った時、2児の母である彼女にこの話しをしました。妊娠中でも産後でも、大舞台をこなし続ける、肉体的にも精神的にも鉄のように強い彼女。でも彼女の返答は、
"生後2カ月前後の赤ちゃんにママは必要。母乳なら絶対的に。私は近隣での活動から再開したから、腰や骨盤の痛みに耐えながらもどうにかやったけど、赤ちゃんと離れて、渡航して、コンディションを整えてというのは、、かなり難しい。。
ゆかり、赤ちゃんは、あなたにとってどんな踊り手よりも素晴らしい最高のマエストロよ、あなたに色んな事を考えてくれる。焦って何かするより、落ち着いて赤ちゃんと向き合った方が、母子共にいいわ。"

完璧な鉄人と思っていた彼女からの、踊り手ママとしての温かい言葉。

この決断に合っているも間違っているもないのかもしれませんが、私自身納得して、いつ始まるか分からない出産の日に対して、落ち着いたのと同時に、それが楽しみでワクワクするものに変わったことは、間違いありません。

踊っていくことは、そのまま生きていくこと。
ストイックな無理くり人生も大好きなのですが、自分自身に素直になることが、1番!と感じられた今日この頃です。
早速、これがマエストロ我が子からの教えなのかもしれませんね。。

2017.12.11 Monday 16:10 / - / 日記



ガルロチへ

今夜はアデラに会いに、ガルロチに行ってきました。

彼女が日本で踊ってくれるだけでも感動。。
繊細な、真のアルテフラメンコに感激でした。
特に、第1部のソレアのエンディング、本当に素晴らしかったです。。

彼女のソレアを観て、突然、長期留学から帰国する前後の自分が、バーっと蘇ってきました、、
彼女からソレアの振付をもらい、それを踊っていたころのことです。
ソレポルとソレアの間を何度も往き来するカンビョのある彼女のソレア。
スペインで納得いくまで踊り込みライブにも出演し、帰国記念リサイタルでも踊らせてもらったレマーテやジャマーダの数々、、

2児の母になった彼女の厚く荘厳なオーラに、私は足元にも及びませんが、また彼女のソレアを踊りたくなってしまいました。

終演後、楽屋に挨拶に行くと、トリノであのアレグリアスを踊ったゆかりが妊娠なんて〜、本当に嬉しい、と彼女は涙ぐんでハグしてくれました。
幸せな顔をしてる、本当に嬉しい、と私の顔とお腹を何度も見て抱きしめてくれました。
久しぶりの再会に溢れる話しが止まらず、帰国までにお茶しよう、と近日の再会を約束して帰ってきました。

出産前に、素敵な再会と最高のフラメンコに浸る時間をもらえて、本当に幸せです。
ガルロチさんに感謝です。

2017.12.06 Wednesday 23:48 / - / 日記



今年最後の遠出

群馬・館林クラス、本日今年最後のクラスが終了しました。

私にとって今年最後の遠出にもなったクラスでした。

今後のお休みの間の宿題を、しっかりお渡しさせてもらいました。
年末年始の忙しい時期も挟みますが、発表会後で成長しているので、ぜひ自主練習を上手に継続して欲しいです。

クラスの終わりはみんなに、出産へのエール頂きました!
いつになるかまだ未知ですが、我が子が選んだ日を楽しみに、頑張ります。
みんな、ありがとう!

2017.12.05 Tuesday 21:36 / - / 日記



発表会、無事に。

先日11/26(日)、第4回ラティエラ井口裕香里フラメンコ舞踊教室発表会"虹"、無事に開催する事が出来ました。

200席全て完売、
たくさんのお客様に足を運んで頂き、生徒一同感無量な1日でした。
本当にありがとうございます。

発表会という教室をあげての公演は、生徒たちの努力はもちろん、スタッフの皆さま、ご家族やご友人の皆さまのサポートなくして実現することは出来ません。この会に携わって下さった全ての皆さまに、心より感謝致します。
ありがとうございます。

たくさんの差し入れやお気遣いも、ありがとうございました。

主役の生徒たちにとって、1つの大舞台を成し遂げるということは、それぞれにとって大きな課題であったと思います。主催運営者である私にとっても、発表会は常に大きな課題とチャレンジです。
この発表会を開催すると決定した1年前から、生徒たちも私も、公私ともに、本当に本当に色んな事がありましたね。

そんな中でも、最後までフラメンコを諦めず、夢の舞台への想いを繋いでくれた16人の生徒たちを、心から誇らしく思います。
みんな、よくやったよ。
ありがとう。
どんな事にも負けず、走り続けること、
舞台に立って初めて知ること、
共演者やスタッフの皆さんと共有すること、
日頃支えて下さる家族や友人に感謝を伝えること、

スタジオの中だけでは学べない、これらのことを体感して感動して、学び、フラメンカとしてひと回りもふた回りも大きく成長してほしい、
という私の想いは、生徒たち1人1人が確実に実現してくれたのでは、と思っています。
この経験を糧に、さらにそれぞれ課題となるフラメンコの部分を、またスタジオで温めながら勉強して欲しいです。

客席と舞台をフラメンコの"虹"の架け橋で繋ぐ、
という今回のテーマ、
それぞれの色の虹で、繋がり、結ばれたのでは。。。





フィナーレでは、サプライズ!
みんなから、持ちきれないほどの大きな、素敵な花束を頂きました。


みんな、ありがとう!!


皆さま、
本当にありがとうございました!!!

2017.11.29 Wednesday 16:53 / - / 日記



疲労回復サポートの為に?!

妊婦の骨盤ベルトのお話しです。

助産師さんの指導を受けビックリ、妊婦の場合、脚の付け根に巻くんですね。
どの部分を補強するかにもよるのですが、出産に向けて広がる主な場所は、仙腸関節と恥骨結合部分。
普通の時でもこの部分が緩むことで自律神経に作用して、ボーッとしやすくなったり、妊婦さんが疲れやすかったり、眠気が抜けない、というのも納得です。。

いつものライブ前なら、アミノ酸やグルタミンを摂取して、本番は栄養ドリンクを飲んで、、となりますが、今はどれも摂取できないので、骨盤ベルトが頼みの綱!と思ったのですが、巻いてみると、股関節の動きを制限され、踊ることが出来ない状態でした。。

これじゃ踊れないです、
と助産師さんに申告すると、
えっ!
だって踊る為には作られてませんから。。
と、何をおっしゃるの?とばかりの表情。
それは、そうですよね。

本来ずっと巻いていないとあまり意味がないようなのですが、わずかでも疲労回復への願いを込めて、お家で巻いてみようと思います。

2017.11.24 Friday 18:11 / - / 日記



1/82 >>

Material:shape Template: Favorite
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.