ライブスケジュール 2016年6月22日(水)エルフラメンコライブ

新宿伊勢丹会館『エル フラメンコ』
Tel:03-3356-3816

ジャマキートフラメンコ
開場18:00 開演19:00

チケットお問い合わせ:ラ ティエラフラメンカ
03-5834-7057

2016年7月11日(月) フラメンコライブ

月島スペインクラブ
中央区月島 1-14-7 旭倉庫 1F
1部19:00
2部20:00
3部21:00
1部はギターソロ 2部から踊りが入ります。
お問い合わせ・ご予約は月島スペインクラブ03-3533-5381

2016年7月31日(日)真夏の夜のフラメンコ

日比谷野外音楽堂
千代田区日比谷公園1-5
小松原庸子スペイン舞踊団主催
真夏の夜のフラメンコ2016
開場18:30 開演19:00

お問い合わせ・ご予約はラ ティエラフラメンカ03-5834-7057

2016年8月6日(土) フラメンコライブ

グラン・デセオ
東京都八王子市子安町4−7−1
サザンスカイタワー八王子3F

Open17:30 1部18:30〜 2部20:30〜
入替なし

ご予約 お問い合わせ:グランデセオ TEL&FAX 042-649-6480
ラティエラフラメンカ03-5834-7057(井口)

2016年9月2日(金) 井口裕香里リサイタルVol.4

新宿伊勢丹会館『エル フラメンコ』
新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館6F

井口裕香里フラメンコリサイタルVol.4"Luna y Sol"
開場18:30 開演19:30

チケット先行ご予約は7/1より開始させて頂きます。
お問い合わせ・ご予約はラ ティエラフラメンカ03-5834-7057

厚木の夜桜


夜の始まりの深い青の空に、淡いピンク色が、綺麗に映えていました。。

2017.04.14 Friday 00:26 / - / 日記



ご馳走さまです!

昨日頂戴しました、美味しいパンとお漬物、美味しく頂きました!

ミミはもちろん、中もぎっしりの食パン、もちもちで美味しいかったです。
あこさんありがとうございます。


春らしい鮮やかな色合いの漬物。
いいじまさん、いつもありがとうございます。

ご馳走さまでした!!

2017.04.13 Thursday 23:55 / - / 日記



働き方 論

フランス人のレティシヤ ブテイユさんという、ライターの方が書いた"フランス人が日本人の働き方に感じる「恐怖」"という記事の一部を抜粋させて頂きました。

・・・
『一般的に、フランスで知られる日本人のイメージは、「働き者」「規律を守る」「礼儀正しい」「グループ精神で動く」などである。しかし、このポジティブな言葉の裏には、日本人が服従的で、進んで無理をし、マゾヒストのような人種といった否定的なイメージもある。

「harakiriハラキリ」や「kamikazeカミカゼ」という言葉はヨーロッパでは誰もが1度は聞いたことがあるが、最近では「karoushiカロウシ」という単語をニュース記事などで目にすることがある。そのため、日本をよく知らないフランス人からすると、日本人は死に至るまで無理をする人たちという思い込みがある。

死という悲劇まで至らなくても、「頑張る」という言葉は、フランス語や英語、スペイン語ではぴったり当てはまる言葉が存在しない。仕方なく「ベストを尽くす」とか「努力をする」などと無理やり訳しているが、「頑張る」という概念は、良くも悪くも、日本独自の精神を表す言葉だと思う。

日本人とは逆に、フランス人は「仕事が嫌いで、バカンスばかりしている」というイメージがある。仕事が嫌いかはさておき、バカンス好きということは、真冬の時から夏休みをワクワクしながら計画し始めるので否定できない。友達と飲みに行っても、「次の休みはどこへ行くの??海外旅行の予定は?」という話をよくする。どうしてフランス人と日本人はこうも正反対なのだろうか。』
・・・

気になる方は、全文も読んでみて下さいね。
東洋経済on-line

スペインから東京に帰って来ると、こんな自由業の私でさえ、息ができないくらい、何かに圧倒されます。長距離の通勤で目が回って、休まないと次の電車に乗り換えができなくなることがあったりするのですが、これも帰国して数ヶ月すると我慢することを習慣化し、平然としているフリをしているのかもしれません。。

劇的に人生を変えることは、急には出来ませんが、まず自分が最高に充実した人生を送ることが、踊りにも、お教室にもプラス要素として広がりをもたらしてくれることは間違いないです。。
もっともっと、本当に自分のやるべきことにフォーカスを絞っていきたいです。

2017.04.13 Thursday 13:11 / - / 日記



噂話し

フラメンコの傍ら、現在3つのスポーツクラブで週5本のヨガのクラスを担当させて頂いているのですが、スペインから帰ってくると、いつも不思議な想像話しがヨガの会員さんから流れて来て、おぉっ?!となります、、
レッスンの中と前後だけのコミュニケーションなので、想像が先走りするのも、分からないでもないです、が、
実家がお金持ちで、両親が出資してスペインに行ってる、などなど、、
(No〜!!!!あり得ません。)
なんでそうなるかな?笑
ちょっと、心外です、、

地道に毎日汗だくで働いて、自分の足で立ってフラメンコしております。
何がなんでも自分で切り開くという強さとフラメンコ愛は、私の根幹にあるものではないかと思います。

音楽やら踊りやらの道楽で飯が食えるか!

東京に出たいと言った時、田舎の父に怒鳴り浴びせられた言葉です。
何の保証もない確信で、若い私は強気に

2度とこんなところに戻らない!

と捨て台詞で家を出て。。

長くて早い月日を経て、今は、父の怒鳴った言葉の後ろ側に隠れ潜んでいた愛情が分かるのと同時に、実際この世界に身を置いて、身にしみる言葉となっています。
それでも自分で選んだ、私しか歩けない道、毎日幸せです。

なんでこんなお話しになったのかしら??
あっ、ヨガのクラスからでしたね。笑
いつか、ヨガのクラスでも、ヨガの先生にはまろうとせずに、フラメンコのように、自分をさらけ出せるところまでいけたらなぁ、と思います。
まだまだ修行が足りないな。笑

2017.04.13 Thursday 02:40 / - / 日記



昨日の写真

昨日の数コマです。



月島にライブを観に来て下さったむつみさんが、写真を撮って下さいました。
ありがとう!

2017.04.11 Tuesday 22:50 / - / 日記



特急の車窓から

通勤が疲れてしまって、今日は特急を使って群馬です。
上手く撮れませんでしたが、

車窓からの、桜と菜の花のコラボレーション。

もうすぐ到着です。

2017.04.11 Tuesday 16:09 / - / 日記



本日、月島!

本日は月島スペインクラブに出演させて頂きました。
ご来場下さった皆さま、共演者の皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました!!!

月島に向かう途中、久しぶりの帰宅ラッシュの中に紛れ込み。。やっぱり東京って、すごいところだよなぁ、、と改めて思いながら感じながら。こうやって無心に頑張って日本を支える人たちが、フラメンコを観て、何かハートに響いてくれたら、東京ももっと変わるかもしれない、と冗談じゃなく、真剣に思うようになってきている私です。

月島スペインクラブは、私の知る限りの日本のタブラオで、唯一バタデコーラとマントンで思いっきり踊れる場所です。
今日は連日の雨の影響もあるのでしょうか、バタに入る空気に湿気を感じ、彼女が一瞬上がるのを躊躇するかのような感触が伝わって来たので、大丈夫だよ、と心の中で呼びかけながら呼吸を合わせました。
言葉を発しないバタとの共有共感の瞬間を探るのは、私が一番大好きなことです。そして絶妙に、彼女が応えてくれる瞬間が、とても好きです。

帰り道、ビルの谷間から、綺麗な月が観えました。

空を見上げると決まって思うのが、ずっとたどればスペインに繋がっている、という元気になれる真実。
こんな凄いところに生きているけど、それにも何か意味と使命があるはずなのだと思って、、
私がやるべきことを着実に。

さて、次回スペインクラブ出演は、5/7 日曜日です!!
皆様のお越しを心よりお待ちしています!

2017.04.10 Monday 23:55 / - / 日記



気合っ!

今から約6時間スタジオおこもりです!
始めは自主練から。

お供のカフェ。
スタジオ近くのローソンでいつも買いますが、
今日のカップはLas golondrinasss!
ツバメちゃんたち、可愛い。

癒されて頑張りまーす!

2017.04.08 Saturday 13:17 / - / 日記



お助けサプリ

ちょっと疲れが抜けなくて、、

しばらくお休みがないので、頑張らないと。。

5月には落ち着く予定なので、それまでに新年度のスケジュール見直しや目標の建て直しです。
自主練の時間とエネルギーをキープして、レッスンにもじっくり向き合えるスケジュールにしたいです。

2017.04.07 Friday 17:18 / - / 日記



コンパスをマルカールする

コンパスをマルカールして踊ること。
フラメンコの大前提ですが、振付に押し流されてしまっていた、厚木クラスのティエント。
振替レッスンで時間延長になっているので、今日はとにもかくにもコンパスをマルカールすることに専念致しました。
踊りながら"唄を聴く"ことは、コンパスがマークできていないと、フラメンコでないものが出来上がってきてしまう、、
それを阻止するために、ちょっと細かい、煩わしいと思わせるくらいに何度も何度も、ピッタリと感じるられるところまで。

セビージャに住んで毎日クラスに何年も通ったら、もしかすると基礎は自然に身につくかもしれない、ですが、週一のレッスンでフラメンコを実らせていくためには、重箱の隅を突くように、明白にしなくてはならないことがたくさんあると、マドリッド式(と私が勝手に思っている)テクニカレッスンを経て、改めて強く思いました。

来週は、脚とブラソのマルカールの呼吸を一致させる練習です!

基礎の底上げが、フラメンコ力アップ、
生徒みんなをフラメンコにしたい!です。

2017.04.06 Thursday 21:21 / - / 日記



<< 2/71 >>

Material:shape Template: Favorite
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.